BS blog Ranking

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C53]

明るいうちに行く銭湯も、また違った雰囲気でオススメですよ~♪
日が出てれば湯冷めすることもないでしょうし。
汗はかくかもしれませんが……(^^;
  • 2014-06-19 11:13
  • 歌子
  • URL
  • 編集

[C54] 明るい時間。

歌子さん、ご無沙汰しております。

銭湯にあかるい時間、行った事はあるのですが、おじいさんが多かったイメージがあります。

湯冷めの事を考えると、深夜はやめた方が良いですね。

次回は、土日に昼風呂に行ってみます。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://afterthefestival.blog.fc2.com/tb.php/112-232b5b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金魚は、銭湯の残り湯で生活できるか?


 近所の銭湯からスタンプを押し始めたので、後半に行くほど、目的地は遠くなる。
次に家から近い銭湯は、2020年東京オリンピックのメイン会場付近、鶴の湯である。



 まだまだ家からは近い範疇と言えなくはない。
次回が代官山付近という事を考えると……
汗かいて、湯冷めして、風邪を引く、王道の不健康コース。
スタンプラリーもまた、一種の戦いなのだ。

IMG_6263.jpg


 世間が晩御飯中であろう時間を狙って、鶴の湯に到着。
新宿と原宿の間なのに、このひとけの無さ高得点
前回行った羽衣湯に比べ、おもむきがあって昭和のかおりがする。
ただひとつ心配なのは、不審火などで勢いよく燃えそうなこと。

IMG_6269.jpg


 そんなイケナイ妄想後、暖簾をくぐる。
あ、木製の鍵付き下駄箱。
このタイプは、他の木製キーでも開いてしまうというアメージング仕様。

IMG_6271.jpg


 番台で、渋谷区銭湯10番目のスタンプGET。
服をロッカーに入れ、入浴グッズを出し準備万端。
浴場を見ると3、4人のお客しかいない。
「ラッキー」と心の中で三度呟く。

IMG_6270.jpg

 まずは、かけ湯。
シャンプー後、体を入念に洗い湯船に入る。
おおっと!何なんだ!
鶴の湯よ!ジェットバスの勢いが半端ない!
今までの銭湯とは次元が違うレベル。

 個人的な感想……
ガリガリ君のナポリタン風味と同じくらいの評価かな。
で、挑戦的なその勢いに挑む。

 「湯船で100数えるまで出るな」と、躾けられた。難儀な子供の頃からの習慣。
ジェットバスの水圧と戦う間、人物観察で気を紛らわす。
客層は建築現場関係の人多し。
場所によって、こうも違うのかと驚く。
次回の代官山近辺にある銭湯のお客に思いをめぐらし、水圧との戦いを有利に進める。
最終的な勝利と引き換えに、背中が少々赤くなった。

 「あ、あ。もう出たい。新鮮な空気が吸いたい」
浴場という名の戦場を離れる。

 脱衣所で体を拭き、扇風機の前で戦いに疲れた体を癒す。
すると外から子供のはしゃぐ声。

IMG_6274.jpg

目線をそちらに向けると小さな庭がある。
エクセレント。
マッハで服を着て、庭らしき空間へ。

IMG_6272.jpg

庭には、大きな岩、そして小さい池。
池には、暗闇にうごめく小さい生き物がいる。

IMG_6275.jpg

 目を凝らすと金魚。赤や白などの。
ジョットバスとの戦いのせいか?死期が近いのか?
鶴の湯での出来事が走馬灯のように頭を駆け巡る。
不審火、炎上、ジェットバス、建築関係者、湯あたり、東京オリンピック、金魚、池。

 ここの経営者が客とジェットバスに戦いを強いているように
実は池の金魚たちも銭湯のお湯で飼育され、温度との戦いを強いられているのでは無いかと下種な考えが。
しかし、ここの銭湯ならもしかして……
そんな妄想を膨らませるほど、ジェットバスは強敵だった。

IMG_6268.jpg

※一部、妄想、行き過ぎた表現があります。
ジェットバスの勢いを知りたい方は、実際にお試しください。


スポンサーサイト

コメント

[C53]

明るいうちに行く銭湯も、また違った雰囲気でオススメですよ~♪
日が出てれば湯冷めすることもないでしょうし。
汗はかくかもしれませんが……(^^;
  • 2014-06-19 11:13
  • 歌子
  • URL
  • 編集

[C54] 明るい時間。

歌子さん、ご無沙汰しております。

銭湯にあかるい時間、行った事はあるのですが、おじいさんが多かったイメージがあります。

湯冷めの事を考えると、深夜はやめた方が良いですね。

次回は、土日に昼風呂に行ってみます。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://afterthefestival.blog.fc2.com/tb.php/112-232b5b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

山崎

Author:山崎
以前は映像制作、シナリオ書いていました。近々、復活予定です。よろしくお願いします。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

歴史ブログ 城・宮殿

歴史ブログ

東京ブログ

映画ブログ

ブログ村

アクセスカウンター

i-mobile

ブログランキング

ポチッとな!

広告

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。